くれない蒸気

ノーリスク、ノーリターンすなわちノーレート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://redsteam.blog8.fc2.com/tb.php/159-2198f567
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

また一人脱落です

うちのポットのことなんですがね?


どうも、源二です



いやぁ、最近物が増えてオレの生活もだんだんと上向き
このまま右肩上がりに上がり続け来年の今頃はガウン姿にちょび髭を生やし
美女を囲ってガハハ笑いでもしながら豪遊しているだろうと予想していたのですが
ここにきてやられました


先日までうちには三つのポットがございました

一つは亡きマリアンヌ一世の後を継いだ二世

も一つは卒論時に購入した上二つと同系機の三世

そして一人暮らしを始めてからの付き合いであるジョセフ

こいつだけ角ばった形状であまり入らないのですが余った紅茶を移し変えたり
ミルクティー時のホットウォータージャグになど名脇役として源二家では重宝されております

今回の犠牲者はジョセフ・・・ではなく一世の意志を継いでこのオレの紅茶ライフの中核を担っていた二世に起きた出来事でした

その日もだらだらとお茶を飲み
夕飯作るのめんどくせぇなぁなど思いながらも席を立ち
台所に向かいました

前述した通りそのときのオレには二世と三世というまったく一緒のポットがあったため
二世で紅茶を点てて三世に移す、というのがいつもの流れでした

そのため台所には茶葉が入ったままの二世が鎮座しており
あいにくとシンクも前日の夕飯時に出た洗い物で塞がっておりました

やれやれ、まずは片付けなくちゃな
と思いながら上の棚を開けたそのとき!

待ち構えていたかのように真っ逆さまに落ちてくる物体が

それは取っ手が取れてフライパンというよりフライング・パン
オレは炒めるんじゃなくて空が飛びたかったんだ!
とでも主張したいのか?でお馴染みの我が家のフライパンが脱落したため
先日、友人宅より貰われてきた新隊員のフライパンでした

目で確認するより早くとっさに避けるオレ


ですがその行動こそ奴の計画通りだったのです


フライパン「読みどおりだぜ!」
源二「はっ!?まさかきしゃま・・・」

気づいたときにもう遅かったようです

目の前を通り過ぎていくフライパン

奴と目があった瞬間たしかに奴は嗤っていました
なにもできないオレをあざ笑うかのごとく


源二「や、やめろーーーー!!!」



そして


台所に響く衝突音・・・・

それは数ヶ月の過酷な紅茶生活において常にオレを支え続けてくれた彼女の断末魔でした

フライパン「・・・・ダイナミックチョップ」
源二「あとから言うのかよ・・・」


無残にもひび割れた彼女―マリアンヌ二世は息も絶え絶えにこう言ったのでした

マリア二世「私が死んでも代わりいるもの・・・」





そして彼女は危険物置き場に安置され、フライパンは今日も元気にパスタを作ってますとさ

めでたしめでたし♪





あーあ・・・・


スポンサーサイト
2007.04.14[Sat] Post 21:58  CO:0  TB:0  未分類  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

また一人脱落です のトラックバックアドレス
http://redsteam.blog8.fc2.com/tb.php/159-2198f567
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。